低圧金型鋳造

低圧金型鋳造による高品質製品を提供しています

product_lp_01

シリンダーヘッド

product_lp_02

オイルポンプカバー

product_lp_03

プラネタリーキャリア

技術紹介

低圧金型鋳造とは、密閉した炉の上に金型を配置し、空気圧により溶湯を押し下げることで、ストークと呼ばれる導管を通して溶湯を金型キャビティー内に層流で充填させ、圧力をかけたまま凝固させる鋳造法です。材料に無駄が少なく圧力をかけて鋳造するため、重力金型鋳造(GDC)に比べ湯廻り性が良く安定した品質が得られることが特徴です。低圧であるため砂中子を使用することができ、形状内部の油路・水路・ポート等の複雑形状への対応が可能で、更に材質・中子材質(鉄イレコ)・熱処理等を組み合わせることで、ダイカスト製品レベルの高強度部品への対応も可能です。